ドリス・カーンズ グッドウィン(英語表記)Doris Kearns Goodwin

現代外国人名録2016の解説

ドリス・カーンズ グッドウィン
Doris Kearns Goodwin

職業・肩書
伝記作家

国籍
米国

出生地
ニューヨーク市ブルックリン

学歴
コルビー・カレッジ卒,ハーバード大学大学院

学位
博士号(ハーバード大学)

受賞
ピュリッツァー賞(歴史部門)〔1995年〕「フランクリン・ローズヴェルト」

経歴
コルビー・カレッジ卒業後、1964年にウッドロー・ウィルソン・フェローシップを得て、ハーバード大学で行政学を学び、博士号を取得。リンドン・ジョンソン大統領時代にホワイトハウス・フェロー(’67〜68年)に選ばれたことがきっかけで大統領の知己を得た。フェロー終了後もホワイトハウスで仕事をし、大統領との交流が続き、その縁で退任した大統領が回想録を執筆する手伝いをしたグッドウィンは「Lyndon Jonson and the American Dream」(’76年)を世に出し、大統領評伝作家としてデビュー。他の著書に「来年があるさ」「リンカーン」「フランクリン・ローズヴェルト」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android