コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルリイ・レーン最後の事件

1件 の用語解説(ドルリイ・レーン最後の事件の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ドルリイ・レーン最後の事件

米国の作家エラリー・クイーンがバーナビー・ロス名義で発表したミステリー(1933)。原題《Drury Lane's Last Case》。『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』と続いたシリーズの最終巻。『レーン最後の事件』『最後の悲劇』の邦題もある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルリイ・レーン最後の事件の関連キーワード悪魔の報酬Xの悲劇エラリー・クイーンの新冒険エラリー・クイーンの冒険クイーン警視自身の事件クイーン検察局クイーンのフルハウス孤独の島Zの悲劇Yの悲劇

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone