コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロンケ Ernst Dronke

1件 の用語解説(ドロンケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドロンケ【Ernst Dronke】

1822‐91
ドイツの社会小説家。コブレンツギムナジウム教師の子として生まれ,ボン,マールブルクで法律を学ぶ。1846年に《警察物語》《庶民の暮しから》等の真正社会主義的傾向の小説を発表。また同年にはルポルタージュベルリン》も執筆するが,その内容が〈国王に対する不敬〉〈民衆の煽動〉等にあたるとの理由で47年,禁固2年の判決を受け投獄された。48年3月,革命期の混乱に乗じて脱走してブリュッセルへ赴き,そこでエンゲルスと親交を結び,共産主義者同盟に加入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ドロンケの関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロンケの関連情報