コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロンケ Ernst Dronke

世界大百科事典 第2版の解説

ドロンケ【Ernst Dronke】

1822‐91
ドイツの社会小説家。コブレンツのギムナジウム教師の子として生まれ,ボン,マールブルクで法律を学ぶ。1846年に《警察物語》《庶民の暮しから》等の真正社会主義的傾向の小説を発表。また同年にはルポルタージュベルリン》も執筆するが,その内容が〈国王に対する不敬〉〈民衆の煽動〉等にあたるとの理由で47年,禁固2年の判決を受け投獄された。48年3月,革命期の混乱に乗じて脱走してブリュッセルへ赴き,そこでエンゲルスと親交を結び,共産主義者同盟に加入。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドロンケの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android