コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロンケ Ernst Dronke

1件 の用語解説(ドロンケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドロンケ【Ernst Dronke】

1822‐91
ドイツの社会小説家。コブレンツギムナジウム教師の子として生まれ,ボン,マールブルクで法律を学ぶ。1846年に《警察物語》《庶民の暮しから》等の真正社会主義的傾向の小説を発表。また同年にはルポルタージュベルリン》も執筆するが,その内容が〈国王に対する不敬〉〈民衆の煽動〉等にあたるとの理由で47年,禁固2年の判決を受け投獄された。48年3月,革命期の混乱に乗じて脱走してブリュッセルへ赴き,そこでエンゲルスと親交を結び,共産主義者同盟に加入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドロンケの関連キーワードコブレンツ社会小説シュトルム西ドイツブレンターノ個物ドイチェスエック統一ドイツブレッチェンドイツの小さな町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロンケの関連情報