コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロン・ノール Dolonnor

世界大百科事典 第2版の解説

ドロン・ノール【Dolonnor】

中国,内モンゴル自治区南東部,シリンゴール(錫林郭勒)盟南部の町。北京の北方約250kmに位置する。ドロン(多倫)ともいう。清代,宮廷の勅願寺である善因寺,彙宗寺の二つのラマ廟を中心に門前町として発展,廟の法会の期間には漢族商人たちも集まり,モンゴル族との交易要地となった。今日,上都河左岸が人口の多い商業地,右岸がモンゴル族居住地となっている。西約50kmの正藍旗には,13世紀中ごろにフビライが建設し,のちに元朝の夏の宮殿となった上都の遺跡がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のドロン・ノールの言及

【チャンジャ・フトクト】より

…その初代活仏ロサンチョエデン(1642‐1715)は青海地方に生まれ,ダライ・ラマ5世の弟子となったのち,1693年(康熙32)勅命を奉じて北京に来た。97年勅命により内モンゴルのドロン・ノール(多倫諾爾)に彙宗寺を建立して与えられた。1712年北京に嵩祝寺を建立した。…

※「ドロン・ノール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドロン・ノールの関連キーワードチャンジャ・フトクト上都開平府ポーロ承徳

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android