ドンナ・アンナ(読み)どんなあんな

世界大百科事典内のドンナ・アンナの言及

【ドン・ジョバンニ】より

ドン・フアン伝説を素材にしたダ・ポンテLorenzo da Ponte(1749‐1838)のイタリア語の台本による。ドン・ジョバンニが,オッタビオの許婚者ドンナ・アンナや村の娘ツェルリーナを誘惑しようとして失敗,ついには,決闘で刺殺した騎士長(ドンナ・アンナの父)の石像によって地獄におとされる,という筋書からなる。モーツァルトのオペラの中でも最も劇的な作品であり,ブッファと名づけられていても喜劇ではなく,またドン・ジョバンニの死をもって終わるといえども悲劇でもなく,きわめて特異な性格をもつ。…

※「ドンナ・アンナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android