コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ジッターの宇宙 ド・ジッターのうちゅうde Sitter's universe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド・ジッターの宇宙
ド・ジッターのうちゅう
de Sitter's universe

宇宙は等方的で,かつ物質放射とがまったく存在しないと仮定して,一般相対性理論重力場方程式の解として求められる静的な宇宙のモデルの一つ。1917年にウィレム・ド・ジッターが提唱した。このモデルでは宇宙の空間体積は無限大であり,ある一点から発した光は有限時間内には宇宙の地平線まで到達できない。また静止している銀河の光は赤方偏移を示し,波長のずれが銀河までの距離に比例するというハッブルの法則も導き出す点で,今日の膨張宇宙論の確立に貢献した。物質や放射をまったく含んでいない極限である点と静的宇宙である点とが観測事実と合わないため関心が遠のいたが,1980年以後インフレーション宇宙モデルと関連して,また宇宙項重要性が再認識されるようになり,ド・ジッターの宇宙は再び注目されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ド・ジッターの宇宙の関連キーワードハッブル宇宙論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android