コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーテル Dhôtel, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーテル
Dhôtel, André

[生]1900.9.1. アルデンヌ,アッティニー
[没]1991.7.22. パリ
フランスの小説家。パリ大学文学部卒業後教職につき,かたわら小説を書いた。日常生活のささやかな事件を主題に,田舎の人情風俗を生き生きと描き出し,現代における手堅い物語作家の一人といわれた。『夜明けの町』 Les Rues dans l'aurore (1945) ,『はるかなる旅路』 Le Pays où l'on n'arrive jamais (1955,フェミナ賞) など数多くの作品に対して,アカデミー・フランセーズ文学大賞 (1974) が贈られた。ほかに『朝の汽車』 Le Train du matin (1975) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーテル
どーてる
Andr Dhtel
(1900―1991)

フランスの小説家。アルデンヌ地方の出身で、同郷の先達ランボーの影響が強い。故郷の自然を背景とした、優れた物語性と幻想的な詩情にあふれる20冊余りの小説を発表。『遙(はる)かなる旅路』Le pays o l'on n'arrive jamaisによって1955年度のフェミナ賞を受賞。客観的な現実描写のただなかに人間の夢や憧憬(しょうけい)を不意に現出させる作風は、この作家独特のもの。評論『ランボーと近代の反抗』Rimbaud et la rvolte moderne(1952)などもある。人間の生活は、終局的には永遠の探求、終わることのない彷徨(ほうこう)、日常的な気まぐれと切っても切れない関係にある、というのがドーテルの考えである。これもアルデンヌ地方の自然とランボーとが、彼のなかに育(はぐく)んだ浪漫(ろうまん)主義であろうか。[稲田三吉]
『新庄嘉章・稲田三吉訳『遙かなる旅路』(1958・三笠書房) ▽弓削三男訳『見えない村』(『現代フランス幻想小説』所収・1972・白水社) ▽榊原晃三訳『バラをさかせた手』(1977・文研出版) ▽天沢退二郎訳『荒野の太陽』(1988・福音館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドーテルの関連キーワード稲田三吉9月1日

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android