ドールス,E.(読み)どーるす

世界大百科事典内のドールス,E.の言及

【オルス】より

…バルセロナ生れの随筆家,美術評論家,哲学者。日本ではドールスと紹介されている。フランスに留学し,オルテガ・イ・ガセットとならんでヨーロッパ的知性への参加を標榜(ひようぼう)する20世紀のスペインにおける知的先駆者。…

【バロック美術】より

…この見方は,ルネサンスとバロックを対立するビジョンとして分類し,バロック概念を抽象化する端緒をなした。第2の傾向は,人類の歴史を通じて恒常的に〈古典主義〉と対立する反古典的なスタイルがあるとして,普遍的な概念としてバロックを定立させる見方であり,スペインのドールスE.Dorsによる《バロック論》(1945)がその代表的著作である。フォシヨンもまた,あらゆる文化において古拙,均衡,過剰の3段階があり,バロックはその最終段階にあたると考えた(《形の生命》1934)。…

※「ドールス,E.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android