コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ゴール Charles André Joseph Marie de Gaulle

世界大百科事典 第2版の解説

ド・ゴール【Charles André Joseph Marie de Gaulle】

1890‐1970
フランスの軍人,政治家。リールの小貴族の家系に生まれる。1912年サン・シール士官学校卒業後,軍歴に入る。第1次世界大戦で重傷を負いドイツ軍の捕虜となったが,大戦終結により帰国,当時ロシア革命政府と戦争状態に入ったポーランド軍に従軍した。21年サン・シール士官学校で軍事史を教え,翌年陸軍学校に入る。25年ペタン元帥の軍務室に入り,以後軍歴を重ねる一方,軍事理論研究に取り組み,とくに当時フランス陸軍が砲線に頼る防衛戦重視に傾いていたのに対し,機械化部隊による機動戦の意義を説く独自の見解を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のド・ゴールの言及

【アルジェリア戦争】より

…58年5月フランス軍隊の反乱により,ついに第四共和政が崩壊した。(3)第五共和政を成立させたド・ゴールは,アルジェリア政策を明確にせず弾圧と懐柔によってフランスの権益を維持する道を探ろうとした。これに対してFLNは,フェルハト・アッバースFerhat ‘Abbāsを首班とするアルジェリア共和国臨時政府をつくり,国際世論への働きかけを強めたが,ALNの主力兵力は国外に退き,武力解放の見通しは立たなかった。…

【核戦略】より


[フランスの核戦略]
 フランスの核戦力開発は,アメリカとの協力のもとで核軍備を進めたイギリスとは異なって,一貫して独自の道を歩んだ。特に1958年6月,ド・ゴール政権が成立したのちは,独自の核武装を求めた。1960年2月,サハラ砂漠で最初の核実験に成功,同年12月には核武装法の成立を見た。…

【ゴーリスム】より

…ド・ゴール主義の意。狭義にはフランスのド・ゴールの政治理念をさすが,さらに,ド・ゴールを支持した人びとの思想や行動,あるいはド・ゴールによって実現された政治体制や政策のあり方をさすこともあり,これらをあわせて一般にゴーリスムという場合が多い。…

【第五共和政】より

…58年5月アルジェリア戦争のさなかに軍部や植民者の反乱によって生じた第四共和政の危機がその成立の端緒であった。この危機の中で,第2次世界大戦における国民的結集のシンボルであったド・ゴールは,期待を受けて再登場し,6月1日首相に就任するや自己の指導力強化と憲法改正を目ざすとともに,反乱勢力に理解を示す姿勢をとって事態を掌握し,反乱を鎮静化させた。新憲法は9月28日国民投票で投票総数の79%の支持を得て承認され,10月4日公布された。…

【第四共和政】より

…フランスで第2次世界大戦後に組織された共和政体。大戦下の1944年6月,連合軍に加わって戦ったド・ゴール将軍の権威とフランス国内のレジスタンス勢力の結集を背景に,ド・ゴールを首相とするフランス共和国臨時政府が組織されたが,フランス解放後の45年10月21日,戦後初の国民議会選挙が行われ,また同時に実施された国民投票により,この議会が新しい政体を定める憲法制定議会たることが承認された。なお,この選挙で初めての婦人参政権が実現している。…

【デタント】より

…デタントはフランス語で本来〈弛めるdétendre〉という行為と,その結果生まれた〈弛んだ〉という状態とを意味する。
[デタントの多義性]
 1962年10月のキューバ危機を契機に,フランスのド・ゴール大統領が東西関係において達成されるべき発展過程を,デタント,アンタントentente(相互理解),コーペラシオンcooperation(協力)と表現して以来,広く用いられるようになった。一般的には,この言葉は紛争解決における非軍事的形態の使用ならびに相反する目標と利害の平和的調整の探究によって特徴づけられる東西関係の一定の状態を表すのに使われる。…

【ビシー体制】より

…また政府の外では,J.ドリオやM.デアらの諸組織が活動し,とくに北部の占領地区で,ナチズムやそれの唱える〈ヨーロッパ新秩序〉の理念に接近し,ビシー政府の政策を伝統主義的なものとみなしてファシズム化の徹底を主張したが,政府のこれらに対する指導力は乏しかった。しかも他方,すでに40年6月の敗北の当時からロンドンで抗戦継続を訴えていたド・ゴール将軍がビシー政府の権威を否定し,〈自由フランス〉の名でフランス国民の結集を呼びかけ,しだいにその権威を増大させていった。当時はド・ゴールの名は国内においてほとんど知られず,圧倒的多数の人びとは敗戦による混乱の中でペタンに救国の期待をかけていたとみなされる。…

【フランス】より

… フランスでは,イギリスやドイツに比べ伝統的に諸政党の分立の傾向が強く,左翼-右翼の対立構図をとりながらも,二大政党制をなしているとはいえない。左翼では社会党と共産党,右翼では共和国連合(旧ド・ゴール派),フランス民主連合(中道)等が並立しており,政党間のかけひきやその都度の連携も複雑である。以前はこの政党分立が,頻繁な離合集散,内閣の交代を結果し,政治の不安定をもたらしていたが,第五共和政の下では7年間の長い任期をもつ,より強い権限をもつ大統領の下で,政治構造は比較的安定するようになった。…

【レジスタンス】より

…広義には,中国の抗日闘争をも含めて,アジア諸地域における日本の占領支配への抵抗にも,この言葉が用いられることがあるし,また他方,ナチズムに対する抵抗というような,ファシズム体制へのそれぞれの国の反対の動きに関して用いられる場合もあるが,後者は反ファシズム運動として扱われるものであり,ここではヨーロッパに限定して占領支配への抵抗の意味でみていくことにする。 フランス語のこの言葉が上のように一般化して用いられるようになった端緒は,フランス降伏後の1940年6月18日,ロンドンに逃れたド・ゴールが,BBC放送を通じてフランス国民に呼びかけた〈フランスのレジスタンスの炎は消え去ってはならないし,また消えることはないであろう〉という言葉にあるとされている。また,その年の暮れには占領下のパリで,のちに〈人類博物館グループ〉として知られることになる知識人グループ(ボリス・ビルデ,ポール・リベら)が,《レジスタンス》と題する非合法の新聞を発行し,この言葉を自覚的に運動の表現として用いている。…

※「ド・ゴール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ド・ゴールの関連キーワードロワシー・シャルル・ド・ゴール空港シャンゼリゼ通りのイルミネーションパリ・シャルル・ド・ゴール空港シャルル・ド・ゴール空港モーリス・E. ドジャンクリストファー ソームズシャルル ド・ゴールジスカール・デスタンシャルル・ドゴールシャンゼリゼ大通りマンデス・フランスマンデス・フランス自由フランス運動エトアール凱旋門レーモン アロンピエール ガロアフランス国民連合イヴ ファルジュド・ゴール空港アンリ ジロー

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ド・ゴールの関連情報