コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ハース=ファン・アルフェン効果 ドハースファンアルフェンこうかde Haas‐van Alphen effect

1件 の用語解説(ド・ハース=ファン・アルフェン効果の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドハースファンアルフェンこうか【ド・ハース=ファン・アルフェン効果 de Haas‐van Alphen effect】

導体の磁化の強さが磁場強度の逆数を変数として一定周期をもつように変化する現象。1930年にド・ハースW.J.de Haasとファン・アルフェンP.M.van Alphenが,液体水素を排気して得た14Kの温度において,ビスマスの磁化率が磁場の大きさにつれて振動的に変化することを見いだしたのが最初である。この現象は金属や縮退半導体伝導電子が,磁場で量子化されて周回軌道を回る準位(ランダウ準位)を作るとき,磁場強度の変化に応じて,ランダウ準位が次々にフェルミ準位を切っていくことに対応して生ずる磁化の変動として理解されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone