コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・ハース=ファン・アルフェン効果 ドハースファンアルフェンこうか de Haas‐van Alphen effect

1件 の用語解説(ド・ハース=ファン・アルフェン効果の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドハースファンアルフェンこうか【ド・ハース=ファン・アルフェン効果 de Haas‐van Alphen effect】

導体の磁化の強さが磁場強度の逆数を変数として一定周期をもつように変化する現象。1930年にド・ハースW.J.de Haasとファン・アルフェンP.M.van Alphenが,液体水素を排気して得た14Kの温度において,ビスマスの磁化率が磁場の大きさにつれて振動的に変化することを見いだしたのが最初である。この現象は金属や縮退半導体伝導電子が,磁場で量子化されて周回軌道を回る準位(ランダウ準位)を作るとき,磁場強度の変化に応じて,ランダウ準位が次々にフェルミ準位を切っていくことに対応して生ずる磁化の変動として理解されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ド・ハース=ファン・アルフェン効果の関連キーワード強磁性体磁化曲線磁化率磁気ヒステリシスヒステリシス飽和磁化最大磁化率磁気飽和クントの定数ド=ハース‐ファンアルフェン効果