コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・モアブル Abraham de Moivre

1件 の用語解説(ド・モアブルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ド・モアブル【Abraham de Moivre】

1667‐1754
フランスの数学者。はじめはおもに古典文学の教育をうけたが,まもなく数学の才能を発揮し,C.ホイヘンスの偶然ゲームの理論に影響されて,数学,とくに確率論への道を歩むこととなった。ソルボンヌで数学,物理学を学んだ後,宗教上の理由で1688年ロンドンに移住した。しばらくは不遇であったが,97年にはローヤル・ソサエティフェローとなった。この間I.ニュートンとの親交は,数学者として大成するのに大いに役だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ド・モアブルの関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門浅野長矩江島其磧失楽園奈良利寿ブレダベルヌーイ間部詮房童話集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ド・モアブルの関連情報