コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・モアブル Abraham de Moivre

世界大百科事典 第2版の解説

ド・モアブル【Abraham de Moivre】

1667‐1754
フランスの数学者。はじめはおもに古典文学の教育をうけたが,まもなく数学の才能を発揮し,C.ホイヘンスの偶然ゲームの理論に影響されて,数学,とくに確率論への道を歩むこととなった。ソルボンヌで数学,物理学を学んだ後,宗教上の理由で1688年ロンドンに移住した。しばらくは不遇であったが,97年にはローヤル・ソサエティのフェローとなった。この間I.ニュートンとの親交は,数学者として大成するのに大いに役だった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ド・モアブルの関連キーワードガウス=ラプラスの定理ローヤル・ソサエティド・モアブルの公式ド・モアブルの定理ド・モアブルの定理中心極限定理チェビシェフド・モワヴルド・モアブルド・モワブルガウス平面大数の法則微分積分法モアブル三角関数

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android