コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイジェリア・オバサンジョ政権 ないじぇりあおばさんじょせいけん

1件 の用語解説(ナイジェリア・オバサンジョ政権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ナイジェリア・オバサンジョ政権

2003年4月、民政移管後初の大統領選挙が行われ、現職のオルセグン・オバサンジョ大統領(国民民主党PDP〉党首)が再選された。1983年以降、軍政が続いたナイジェリアで98年6月、アバチャ暫定統治評議会議長が急死、後任のアブバカル議長は民政移管の選挙実施を約束し、99年2月の大統領選挙でオバサンジョ元最高軍事評議会議長が当選、民政に移管した。欧米諸国はこの選挙結果と民政移管を歓迎、経済制裁を解除した。オバサンジョ新政権はそれまでの軍政下での腐敗・汚職を一掃、2000年8月にはクリントン米大統領(当時)が訪問し、両国の経済関係の強化を図った。また、世界銀行国際通貨基金(IMF)も融資を再開した。04年にはAU議長となり、アフリカの民主化に努めた。07年5月に2期大統領職の任期満了となるオバサンジョ大統領は、3選をめざし憲法改正を試みようとしたが、アブバカル副大統領らの反対にあい、06年5月、上院は改正憲法案を否決。オバサンジョ大統領は07年5月の引退を表明した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナイジェリア・オバサンジョ政権の関連キーワード間接選挙尹潽善大統領選挙(Presidential election)大統領サイクルフランス大統領選挙国民会議と民政移管計画新憲法草案インドネシアの総選挙、大統領選挙イランの大統領選米国の中間選挙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone