コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイジェリア・オバサンジョ政権 ないじぇりあおばさんじょせいけん

1件 の用語解説(ナイジェリア・オバサンジョ政権の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ナイジェリア・オバサンジョ政権

2003年4月、民政移管後初の大統領選挙が行われ、現職のオルセグン・オバサンジョ大統領(国民民主党PDP〉党首)が再選された。1983年以降、軍政が続いたナイジェリアで98年6月、アバチャ暫定統治評議会議長が急死、後任のアブバカル議長は民政移管の選挙実施を約束し、99年2月の大統領選挙でオバサンジョ元最高軍事評議会議長が当選、民政に移管した。欧米諸国はこの選挙結果と民政移管を歓迎、経済制裁を解除した。オバサンジョ新政権はそれまでの軍政下での腐敗・汚職を一掃、2000年8月にはクリントン米大統領(当時)が訪問し、両国の経済関係の強化を図った。また、世界銀行国際通貨基金(IMF)も融資を再開した。04年にはAU議長となり、アフリカの民主化に努めた。07年5月に2期大統領職の任期満了となるオバサンジョ大統領は、3選をめざし憲法改正を試みようとしたが、アブバカル副大統領らの反対にあい、06年5月、上院は改正憲法案を否決。オバサンジョ大統領は07年5月の引退を表明した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

ナイジェリア・オバサンジョ政権の関連キーワードHomeStyle+科学技術インターナビ・プレミアムクラブ産業再生法ショーン ペンWAX松田龍平スカイハイ冷夏ムン ソリ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone