コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイルオオトカゲ Varanus niloticus; Nile monitor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナイルオオトカゲ
Varanus niloticus; Nile monitor

トカゲ目オオトカゲ科。体長 2mに達する比較的大型のオオトカゲ。体の背面灰褐色ないし緑褐色で,黄色の小斑を散布する。尾が側扁し,鼻孔も吻端に開いて,半水生の生活への適応を示している。アフリカ東部に広く分布し,常に水辺にいて,危険を感じるとすぐに水中へ逃れる。卵はシロアリの巣に産みつけられることが多いが,これは温度と通風が保障されるためと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイルオオトカゲ
ないるおおとかげ
Nile monitor
[学]Varanus niloticus

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目オオトカゲ科のトカゲ。サハラ砂漠を除くアフリカの大部分に分布し、全長1.5~2メートル、尾はその2分の1以上を占める。地上性で穴掘りがうまく、好んで水に入るが木にも登り、驚くとすぐ水に飛び込んで隠れる。カエル、魚、カタツムリなどの小動物のほか鳥や爬虫類の卵を好み、ナイルワニの母親が守っている巣の下を巧みに掘り、卵を盗む。自分の卵は安全なシロアリの巣の中に産み付ける。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ナイルオオトカゲの関連キーワードニオコロナイルワニ