コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイーマ・エフェンディー Naima Efendi

1件 の用語解説(ナイーマ・エフェンディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナイーマ・エフェンディー【Naima Efendi】

1655‐1716
オスマン帝国の歴史家。本名はムスタファ・ナイームMustafa Naim。イエニチェリ軍団員の子としてシリアアレッポ生まれる。のちイスタンブールに出て宮廷に仕え,次いで実務官人として諸職を歴任し,宮廷史官にも任ぜられた。彼は1591年から1659年に至るオスマン朝の年代記を著した。《ナイーマ史》の通称をもって知られるこの年代記は,史観の確かさ,史料批判の厳密さにより,諸年代記中の傑作とされる。【鈴木 董】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナイーマ・エフェンディーの関連キーワードオットマン帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダツェティニェ修道院オスマン朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone