ナウバ(読み)なうば

世界大百科事典内のナウバの言及

【ノーバト】より

…中世イスラム世界の宮廷で抱えられていた儀礼用の楽隊。ナウバnawbaともいう。ナッカーラ,タブル(大太鼓),スルナイナフィールなど大音響を発する打楽器と管楽器から成る野外用の合奏を行う一種の軍楽隊である。…

※「ナウバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報