コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガカメムシ(長亀虫) ナガカメムシlygaeid bug

世界大百科事典 第2版の解説

ナガカメムシ【ナガカメムシ(長亀虫) lygaeid bug】

半翅目ナガカメムシLygaeidaeの昆虫の総称。触角は4節で側面から見たとき,複眼の中央と頭頂を結ぶ線より下から出ている点で,近縁のヘリカメムシ科(触角は上記の線より上から出る)と区別される。膜質部の翅脈は粗く4~5本があるのみである。細長い種が多いのでこの名がある。前腿節はときに肥大し下面にとげがある。大きな科で世界から3000種以上も記録され,日本には50種以上が分布する。植食性であるが,ときに食虫性を兼ねる種類もいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナガカメムシ(長亀虫)の関連キーワードナガカメムシ