ナガキクイムシ(長木喰虫)(読み)ナガキクイムシ(英語表記)pinhole borer

世界大百科事典 第2版の解説

ナガキクイムシ【ナガキクイムシ(長木喰虫) pinhole borer】

甲虫目ナガキクイムシ科Platypodidaeの昆虫の総称。世界から約1000種が記録されているが,そのほとんどは熱帯,亜熱帯に分布し,日本からは18種が知られているにすぎない。体は円筒形で細長く,褐色のものが多い。頭部は胸部に覆われず幅が広い。触角の先端は球桿(きゆうかん)状で,跗節(ふせつ)の第1節が著しく長い。体長2~8mm。キクイムシ科に近縁で,成虫,幼虫ともに木材の中で生活する。雌雄が対になって(一夫一妻性)木材中に営巣し,孔道の中にアンブロシア菌を繁殖させて幼虫の食物とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android