コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガキクイムシ(長木喰虫) ナガキクイムシ pinhole borer

1件 の用語解説(ナガキクイムシ(長木喰虫)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガキクイムシ【ナガキクイムシ(長木喰虫) pinhole borer】

甲虫目ナガキクイムシ科Platypodidaeの昆虫の総称。世界から約1000種が記録されているが,そのほとんどは熱帯,亜熱帯に分布し,日本からは18種が知られているにすぎない。体は円筒形で細長く,褐色のものが多い。頭部は胸部に覆われず幅が広い。触角の先端は球桿(きゆうかん)状で,跗節(ふせつ)の第1節が著しく長い。体長2~8mm。キクイムシ科に近縁で,成虫,幼虫ともに木材の中で生活する。雌雄が対になって(一夫一妻性)木材中に営巣し,孔道の中にアンブロシア菌を繁殖させて幼虫の食物とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナガキクイムシ(長木喰虫)の関連キーワード蟻塚虫穀象虫猿葉虫埋葬虫扁木喰虫豆象虫木食虫長心喰虫根食葉虫カシノナガキクイムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone