コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガヅカ(長柄) ナガヅカ Stichaeus grigorjewi

1件 の用語解説(ナガヅカ(長柄)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナガヅカ【ナガヅカ(長柄) Stichaeus grigorjewi】

スズキ目タウエガジ科の海産魚(イラスト)。銚子および山陰地方以北,北海道サハリン沖などに分布する寒流性の魚である。体は細長く,全長80cmに達する。体色は黄褐色の地色に多数の黒褐色斑が密布している。北日本を中心に,ワラヅカ,ガジ,ナガガジ,ガツ,ガツナギサイズ,ズナなど多くの地方名をもつ。水深300mまでの砂泥底にすむ。産卵期は5~6月で,この時期には浅いところに移動してくる。近縁のタウエガジなどと同様,本種の成熟した卵巣にはディノグネリン呼ばれる毒がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナガヅカ(長柄)の関連キーワードシロギスクサヤモロナガヅカブリマアジマダイアオギスアサヒダイキグチゴウシュウマダイ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone