コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガハグサ(長葉草) ナガハグサPoa pratensis; Kentucky blue grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガハグサ(長葉草)
ナガハグサ
Poa pratensis; Kentucky blue grass

イネ科の多年草。ヨーロッパ原産で,日本には明治初期に牧草として渡来,今日では各地の林野に自生している。地下茎が走り,その節から多数の地上茎を林立させて株をつくる。高さ 50cmあまりで,下半部からだけ細い線形の葉を出す。初夏に,緑色円錐形花序を出す。北アメリカでもおもに干し草用に栽培されケンタッキー・ブルーグラスの名で有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android