コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナゴルノカラバフ紛争

1件 の用語解説(ナゴルノカラバフ紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナゴルノカラバフ紛争

住民の8割近くを占めるアルメニア人が80年代末、自治州をアルメニアに帰属させるよう要求を強め、少数派アゼルバイジャン人の排斥運動を展開。旧ソ連崩壊と共にアルメニア・アゼルバイジャン間の国際紛争に発展した。アルメニア軍が自治州や周辺を占領したことで、約100万のアゼルバイジャン人が難民として流出。94年停戦が実現したが、劣悪な境遇にある難民の帰還の見通しは立っていない。

(2006-01-04 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナゴルノカラバフ紛争の関連キーワードアルメニアアルメニア語キプロスフィブロイン味を占める位置座を占める地歩を占めるアブハジアアルメニア人大量殺害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone