コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナゴルノカラバフ紛争

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナゴルノカラバフ紛争

住民の8割近くを占めるアルメニア人が80年代末、自治州をアルメニアに帰属させるよう要求を強め、少数派アゼルバイジャン人の排斥運動を展開。旧ソ連崩壊と共にアルメニア・アゼルバイジャン間の国際紛争に発展した。アルメニア軍が自治州や周辺を占領したことで、約100万のアゼルバイジャン人が難民として流出。94年停戦が実現したが、劣悪な境遇にある難民の帰還の見通しは立っていない。

(2006-01-04 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ナゴルノカラバフ紛争の関連キーワード少数民族問題コチャリャンムタリボフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android