ナショナル・キャリア(読み)なしょなるきゃりあ

世界大百科事典内のナショナル・キャリアの言及

【国際航空】より

…航空機の軍事機動力に目をつけた各国政府は民間航空に対しても積極的な保護育成策を採用した。そして第2次大戦までに多くの航空会社は統合されてそれぞれの国のフラッグ・キャリアflag carrier(ナショナル・キャリアともいう)となり,国際線を運航した。すなわち,そのなかにはドイツのルフトハンザ,フランスのエール・フランス,イギリスのインペリアル,オランダのKLM,イタリアのアラリットリアなどがあった。…

※「ナショナル・キャリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android