コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナショナル・シアター National Theatre

世界大百科事典 第2版の解説

ナショナル・シアター【National Theatre】

イギリスの国立劇場。ナショナル・シアターという語そのものは,一般に国家の財政的援助によって維持されている劇場を中心とした演劇組織を意味する。フランスのコメディ・フランセーズのような国立劇場をイギリスに建設しようという意見は,D.ギャリックなどすでに18世紀からあった。しかし実際にはようやく1908年になって建設委員会が結成された。その後,2度の大戦による建設計画の中断を経て,1951年にロンドンのテムズ川南岸の場所に建築することが決められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のナショナル・シアターの言及

【イギリス演劇】より

…68年に責任者はトレバー・ナンに変わったが,基本方針はそのままである。1962年には,ローレンス・オリビエを責任者とするナショナル・シアターが成立し,最初はオールド・ビックで,76年からはテムズ川南岸の新しい劇場で(1973年に責任者はP.R.F.ホールに変わった),多彩な仕事を発表した。これらは実験的とはいっても文学作品としての戯曲を上演するという一線は守っているが,ロンドンでも地方都市でも認められる〈フリンジ〉とか〈もう一つの演劇〉とかと呼ばれる前衛劇には,戯曲の文学性や言語による伝達の可能性を否定し,劇作家よりも演出家に最終的な優位を与えようとするものもある。…

【国立劇場】より

… ところが,近・現代に登場した比較的新しい国立劇場になると,今ふれた革新の具現化のような場合もあって,概して開場の動機や成り立ちや仕事ぶりなど全体のトーンが,旧来の国立劇場とは異なる。ロシアの〈モスクワ芸術座〉や,旧東ドイツの〈ベルリーナー・アンサンブル〉や,フランスの〈国立民衆劇場〉(略称TNP)や,イギリスの〈ナショナル・シアター〉(略称NT)などがその好例である。 まず〈モスクワ芸術座〉は,19世紀末,マンネリ,商業主義,大芝居化していた当時の演劇界の大勢に抗して,リアルで純正な,演劇ならではの手ごたえをという革新の願いから革命翌年の1918年に生まれたもので,この事情は同時代のドイツの〈マイニンゲン一座〉や,フランスその他での〈自由劇場〉運動と軌を一にしている。…

※「ナショナル・シアター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ナショナル・シアターの関連キーワードホール(Sir Peter Reginald Frederick Hall)オリビエ(Sir Laurence Olivier)ロイヤル・シェークスピア劇団ローレンス・カー オリビエアンソニー ホプキンスイメルダ スタウントンコメディ・フランセーズフランク フィンレイリン レッドグレーブビリー ホワイトローロベール ルパージュトム ウィルキンソンオールド・ビック劇場ブレンダ ブレッシンローランド ジョフィブライアン ブラウンリンジー バクスターナショナル・シアターロナルド ピッカップP.R.F. ホール

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナショナル・シアターの関連情報