コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスダック(NASDAQ:National Association of Securities Dealers Automated Quotation)

外国為替用語集の解説

ナスダック(NASDAQ:National Association of Securities Dealers Automated Quotation)

コンピュータによって取引されるアメリカの株式店頭市場。もともとは、アメリカ証券業協会(NASD)が1971年に開設したコンピュータによる売買システムのことだが、現在ではこれを使った株式の電子市場自体を指す言葉となっている。公開基準が緩く、ベンチャー企業などの重要な資金調達の場になっており、米国企業を中心に5000社以上が株式を公開。売買高、売買株数、登録企業数で、ニューヨーク証券取引所を上回り世界最大の市場となっている。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ナスダック(NASDAQ:National Association of Securities Dealers Automated Quotation)の関連キーワードヘラクレス(新興企業向け市場)ナスダック(NASDAQ)ハードウィック シモンズナラヤナ ムールティーNYSEユーロネクストダウ工業株三十種平均インデックスファンド国内取引所の地盤沈下ナスダック・ジャパンハワード シュルツビンス マクマホンスティーブ チャンドットコムEC企業バーナード マドフナスダック総合指数ナスダックジャパンニューエコノミー証券取引所の再編Herculesフランク ザーブ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android