コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスレッディン・ホジャ Nasreddin Hoca

世界大百科事典 第2版の解説

ナスレッディン・ホジャ【Nasreddin Hoca】

アナトリアを中心とし,広くトルコ族の間,さらに,かつてのオスマン帝国の領土内で語り伝えられている滑稽・頓智譚の主人公。このような話は,アラブ,ペルシア,トルコの文学ではラティーファlaṭīfaと呼ばれるジャンルに属する。ナスレッディン・ホジャを主人公とする滑稽・頓智譚は,現在,550話以上にのぼる。トルコ人は,だいたいにおいて彼を実在の人物と考え,トルコのアクシェヒルAkşehirの郊外には,彼の霊廟といわれるものが現存する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナスレッディン・ホジャの関連情報