コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナタンソン Mark Andreevich Natanson

1件 の用語解説(ナタンソンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナタンソン【Mark Andreevich Natanson】

1850‐1919
ロシアナロードニキ革命家。ビリニュス県の裕福なユダヤ人の家に生まれ,医科大学に入学した。学生運動に加わってしばしば逮捕されたが,1871年,N.V.チャイコフスキーらとともに自己形成のための,いわゆるチャイコフスキー派サークルをつくる。これは1870年代の革命的ナロードニキ運動の母体をなした。早々に逮捕され,流刑されたが,76年にはペテルブルグに戻り,秘密結社土地と自由〉の創立を主導した。77年逮捕,ヤクーツクへ流されたが,89年シベリアから戻り,サラトフに住んで,93年〈人民の権利〉党を創立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナタンソンの言及

【左派エス・エル党】より

…12月3~11日(ロシア暦11月20~28日)この人々は左派エス・エル党結党大会を開いた。ナタンソンのような老幹部のほか,スピリドーノワ,カムコフB.D.Kamkov,コレガーエフA.L.Kolegaevら若い世代が中心となり,首都,バルチック艦隊,カザン,ウファ,ハリコフなどがその拠点であった。12月22日(ロシア暦12月9日),ボリシェビキの求めに応じて,コレガーエフ(農業),シテインベルグI.Z.Shteinberg(司法),プロシヤンP.P.Prosh’yan(郵便・電信)らが人民委員会議(内閣)に入った。…

※「ナタンソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナタンソンの関連キーワードグリボエードフコロレンコナロードニキプレハーノフミハイロフスキーラッセル小ロシア花ロードえにわロシアの恋人ロシアの陰謀の歴史

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone