コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナッサウ公国 ナッサウこうこくHerzogtum Nassau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナッサウ公国
ナッサウこうこく
Herzogtum Nassau

ウィースバーデンを首都とする,北西ドイツの小領邦。ナッサウ家は 15世紀に,ネーデルラントや南フランス (オランジュ) にも領土を獲得し,オランニェ=ナッサウ家からは,独立戦争時代のオランダ総督 (オランニェ公) ,名誉革命でイギリス王となったウィレム (ウィリアム3世 ) らが出ている。主流をなすワルラム系のナッサウ家は,1803年にライン川左岸の領域をフランスに併合された代償としてライン川右岸にいくつかの新領域を与えられ,ナポレオン1世の保護下に 06年ナッサウ公国を支配することとなった。 18年に自由主義的憲法が制定され,66年プロシア王国に併合された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナッサウ公国の関連キーワードウィースバーデン

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android