コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナデージジン ナデージジンNadezhdin, Nikolai Ivanovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナデージジン
Nadezhdin, Nikolai Ivanovich

[生]1804.10.17. リャザン,ニジニーベロオムト
[没]1856.1.23. ペテルブルグ
ロシアの評論家,歴史家,民俗学者。リャザンとモスクワの神学校で学び,1828年から文芸批評を開始し,学位論文『ロマン主義と呼ばれる詩の起源,本質,運命』 De origine,natura et fatis poëseos,que romantica audit (1830) で注目され,ペテルブルグ大学教授 (31~35) となった。 31年『テレスコープ』 Teleskop誌を創刊,36年 P.チャーダーエフの『哲学書簡』を掲載したため流刑となり,翌年帰還後は反動的な地位を占めるようになったが,歴史,地理,考古学,民俗学の領域で活躍した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナデージジン
なでーじじん
Николай Иванович Надеждин Nikolay Ivanovich Nadezhdin
(1804―1856)

ロシアの批評家、ジャーナリスト、歴史家。モスクワ大学で美学を講じる。古典主義、ロマンチシズム両者の偏向性を克服した新しい総合的な芸術を主張。印象批評に終始していたロシア文芸評論の分野に理論と方法を初めて導入。主宰する『望遠鏡』誌にチャダーエフの『哲学書簡』を掲載した(1836)ため発禁処分になり、自らは2年間の流刑。その後は民俗学、考古学の研究に専念。「ロシア地理学協会」創設(1848)以来の会員で、その機関誌『地理学紀要』の編纂(へんさん)に携わった。[藤家壯一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナデージジンの関連キーワードベリンスキー10月17日テレスコープペテルブルグ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android