コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナデージジン ナデージジン Nadezhdin, Nikolai Ivanovich

2件 の用語解説(ナデージジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナデージジン
ナデージジン
Nadezhdin, Nikolai Ivanovich

[生]1804.10.17. リャザン,ニジニーベロオムト
[没]1856.1.23. ペテルブルグ
ロシアの評論家,歴史家,民俗学者。リャザンとモスクワ神学校で学び,1828年から文芸批評を開始し,学位論文ロマン主義呼ばれる詩の起源,本質,運命』 De origine,natura et fatis poëseos,que romantica audit (1830) で注目され,ペテルブルグ大学教授 (31~35) となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナデージジン
なでーじじん
Николай Иванович Надеждин Nikolay Ivanovich Nadezhdin
(1804―1856)

ロシアの批評家、ジャーナリスト、歴史家。モスクワ大学で美学を講じる。古典主義ロマンチシズム両者の偏向性を克服した新しい総合的な芸術を主張。印象批評に終始していたロシア文芸評論の分野に理論と方法を初めて導入。主宰する『望遠鏡』誌にチャダーエフの『哲学書簡』を掲載した(1836)ため発禁処分になり、自らは2年間の流刑。その後は民俗学、考古学の研究に専念。「ロシア地理学協会」創設(1848)以来の会員で、その機関誌『地理学紀要』の編纂(へんさん)に携わった。[藤家壯一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナデージジンの関連キーワードギャザーリャザン射山Рязань茶三昧明星 飲茶三昧奥村茶山スターラヤ・リャザンペレヤスラブリ・リャザンスキーリャザン公国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone