コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナナフシ(七節) ナナフシ stick‐insect

1件 の用語解説(ナナフシ(七節)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナナフシ【ナナフシ(七節) stick‐insect】

ナナフシ目ナナフシ科の1種。またはナナフシ目に属する昆虫の総称。ナナフシBaculum irregulariterdentatumイラスト)は体長7~10cmのやや大型の虫で,タケの小枝に似た細長い体をしており,触角は短く,翅を欠いている。本州から九州にかけて分布し,色彩は暗褐色または黄褐色。頭部は小さく,雌では背面に1対のとげがある。成虫は夏季出現し,ヤマブキやヤマフジなどを好んで食べ,ナラやエノキの葉なども食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナナフシ(七節)の関連キーワードナナ七不思議木の葉虫七七日七節なふさなふさ然ななりハナフィー派レッドバナナ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone