コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナヒーモフ ナヒーモフ Nakhimov, Pavel Stepanovich

2件 の用語解説(ナヒーモフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナヒーモフ
ナヒーモフ
Nakhimov, Pavel Stepanovich

[生]1802.7.5. スモレンスク
[没]1855.7.12. セバストポリ
ロシアの軍人,提督。クリミヤ戦争のロシア艦隊司令官。 1853年 11月 30日に戦艦6隻,フリゲート艦3隻と小型艦数隻を率いて,シノプ沖にあったフセイン・パシャ提督のフリゲート艦7隻,コルベット艦3隻から成るトルコ艦隊を攻撃し,6時間の戦闘ののち撃破した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナヒーモフ
なひーもふ
Павел Степанович Нахимов Pavel Stepanovich Nahimov
(1802―1855)

ロシアの提督。スモレンスク県の軍人の家に生まれる。1818年海軍兵学校を卒業。クリミア戦争では黒海艦隊分艦隊司令官として、53年11月トルコの艦隊をシノペの海戦で撃破した。54~55年のセバストポリ要塞(ようさい)の防衛戦では、コルニーロフ提督亡きあと指揮をとり、要塞を守るため勇敢に戦ったが、マラホフ丘で頭に致命傷を受け、まもなく死亡した。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナヒーモフの関連キーワードスモレンスクユーモレスクСмоленск聖ローレンス門スモレンスカヤ教会フモレスケスモレンスク公国デスナ[川]スモレンスキン,P.スモレンスク会戦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone