コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナブ Nabu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナブ
Nabu

バビロニア=アッシリア神話に出てくる書記術の守護神,植物神。その名は「呼ぶ者」または「輝く者」を意味するらしい。マルドゥクの息子で,年の初めのザグムークの祭典で人間たちの1年間の運命が決定される神々の議決を運命の碑文に書込む役目をもつ。この役目が与えられたのは,彼と妻タシュメトームが文字を発明したからであり,彼は文学も司った。彼の聖所はボルシパにあり,マルドゥクの神殿エサンギラの中にエジダと呼ばれる礼拝堂があった。バビロニア第1王朝以前には,その名は見出されない。旧約聖書ではネボとして登場する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナブ【Nabu】

バビロニアの神。マルドゥクとその配偶神ツァルパニートゥムの子。祭儀中心地はバビロン近郊のボルシッパであったが,前15世紀にはアッシリアにも崇拝が広がり,ニネベカルフが祭儀の中心地となった。前1千年紀のバビロニアにおいてシュメール起源のニサバ女神に代わって学芸の神となり,書記の守護神としてあがめられた。さらに運命の書板の記入者として後には最高神の一人となる。シンボルは書記のペン(スタイラス)である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ナブの関連キーワードジャー・ジャー・ビンクスプリンスオブウェールズ島ニコルソン・クレーターネブカドネザル2世カンポ・マルツィオ科学戦隊ダイナマンエルズミア[島]ビクトリア[島]永遠プレッシャーコルサバード遺跡DynaBookファッショナブルフロビッシャー湾持続可能な発展ハート・エレキ持続可能な開発ドゥボーント川アルー[諸島]ナボポラッサルリターナブル瓶

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android