コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナブ ナブ Nabu

2件 の用語解説(ナブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナブ
ナブ
Nabu

バビロニア=アッシリア神話に出てくる書記術の守護神,植物神。その名は「呼ぶ者」または「輝く者」を意味するらしい。マルドゥクの息子で,年の初めのザグムークの祭典で人間たちの1年間の運命が決定される神々の議決を運命の碑文に書込む役目をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナブ【Nabu】

バビロニアの神。マルドゥクとその配偶神ツァルパニートゥムの子。祭儀の中心地はバビロン近郊のボルシッパであったが,前15世紀にはアッシリアにも崇拝が広がり,ニネベカルフが祭儀の中心地となった。前1千年紀バビロニアにおいてシュメール起源のニサバ女神に代わって学芸の神となり,書記の守護神としてあがめられた。さらに運命の書板の記入者として後には最高神の一人となる。シンボルは書記のペン(スタイラス)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナブの関連キーワードエンキネルガルバビロニア語バビロンマルドゥクエヌマエリシュカルデア新バビロニア王国ティアマトトゥクトゥク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナブの関連情報