コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナベコウ(鍋鸛) ナベコウ black stork

1件 の用語解説(ナベコウ(鍋鸛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナベコウ【ナベコウ(鍋鸛) black stork】

コウノトリ目コウノトリ科の鳥。全長約95cm。コウノトリより少し小型で,胸以下の下面は白いが,そのほかは金属緑色を帯びた黒褐色である。くちばしと脚と眼の周囲は赤く,とくに繁殖期には鮮赤色となる。ユーラシア大陸の亜寒帯・温帯とアフリカの一部で繁殖し,主としてアフリカ,インド北部,中国南部などで越冬する。日本には冬鳥として渡来するが,数はきわめて少ない。越冬地では単独かつがいで川岸,湖畔,湿地,水田などにすみ,魚類,カエル,昆虫類,タニシなどを食べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナベコウ(鍋鸛)の言及

【コウノトリ(鸛)】より

…分布は世界的だが,熱帯アジアとアフリカにすむ種が多い。日本には,コウノトリのほかに,ナベコウC.nigraがまれな冬鳥として渡来する。全長76~152cm。…

※「ナベコウ(鍋鸛)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナベコウ(鍋鸛)の関連キーワード大鳥朱嘴鸛傷弓の鳥鍋鸛禿鸛長官殿こうのとり関東地方のトキ、コウノトリ松島興治郎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone