コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポリ王宮 ナポリオウキュウ

1件 の用語解説(ナポリ王宮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナポリ‐おうきゅう〔‐ワウキユウ〕【ナポリ王宮】

Palazzo Reale di Napoli》イタリア南部、カンパニア州の都市ナポリにある宮殿。17世紀初頭、スペイン統治時代にフェリペ3世の居城として建築家ドメニコ=フォンタナの設計により建造された。その後フェリペ3世は一度も訪れることなく、18世紀に増改築され、ナポリ王、両シチリア王に就いたブルボン家の王宮になった。現在は王宮博物館として、歴代ナポリ王の立像、17世紀から18世紀にかけてのナポリ派の絵画、家具調度品、タペストリー陶磁器などを展示。パラッツォレアーレ‐ディ‐ナポリ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナポリ王宮の関連キーワード指数階乗数列多角形判別式N極業況判断DIジェノバ王宮トリノ王宮N末端残基

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナポリ王宮の関連情報