コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマランド ナマランドNamaland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマランド
Namaland

アフリカ大陸南西部,ナミビア中部から南アフリカ共和国北ケープ州西部スプリングボク付近までの地方。アフリカーンス語ではナマカランド Namakwaland。主として砂漠状の高原からなり,年降水量は 50~200mm。元来ナマ族の居住地域であったが,1685年にヨーロッパ人が銅鉱を求めて入植。牧畜民ヘレロ族を主とするバンツー語系諸族が最も多く,主要都市ケートマンスフープ付近を中心として牧畜を営むオランダ系白人がこれに次ぐ。オレンジ川を境として,北部のグレートナマランドと南部のリトルナマランドに分かれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナマランドの関連キーワードコイ・コイン語ダマラランド

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android