コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミイワタケ

海藻海草標本図鑑の解説

ナミイワタケ

体は扁平で不定形膜質。裏面から短く小さな円柱形の付着器を多数出し岩上に付着する。分岐は叉状または多叉状と不規則。また,藻体は強く波打っており, 時にはねじれているため,立体的に重なり合うように塊状の形状となることもしばしばみられる。縁辺は平滑で丸みをおびている。皮層は小さな球形細胞が 3〜5層並び,髄層は大形の多角形の細胞が並ぶ。手触りは表面は平滑でなめらか。折り曲げると強靱な硬い弾性がある。生体は暗紅色〜紅色。押し葉標本にす ると色は黒くなり,紙には付着しない。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報