コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミダタケ(涙茸) ナミダタケ Gyrophana lacrymans

2件 の用語解説(ナミダタケ(涙茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミダタケ(涙茸)
ナミダタケ
Gyrophana lacrymans

担子菌類ヒダナシタケ目シワタケ科。カキン (家菌) ともいう。湿気の多いところで材木をおかすため,木造建築物の有害菌として注意を要する。この菌が家屋の床板などにつくと,表側は変らないようでも裏側は非常にもろくなって,まったく使用に耐えなくなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナミダタケ【ナミダタケ(涙茸) Serpula lacrymans (Wulf.ex Fr.) Schroet.】

通風の悪い家屋の床板や土台に生ずる家屋腐朽菌で,担子菌類イドタケ科のキノコ。床板の下面に背着して生じ,子実体の大きさは数cmから数mに及ぶ。表面に多量の水滴をもつためにこの名が与えられた。世界の暖帯から温帯北部にかけて広く分布する。日本ではとくに北海道の家屋にしばしば発生して被害を与える。人類出現以前には針葉樹林内の枯死木に発生して,命脈を保ってきた進化の遅れた種であるが,洋式建造物という好適な環境(過湿,適温および暗黒)を与えられて急激に増殖した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のナミダタケ(涙茸)の言及

【シワタケ(皺茸)】より

…子実体のしわが子実層で,棍棒状の小さな結晶体を付着した囊状体が検鏡でき,本属の特徴を示す。近縁属としてシワウロコタケ属,ナミダタケ属があるが,前者には囊状体がなく,後者の胞子は褐色である。【青島 清雄】。…

※「ナミダタケ(涙茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナミダタケ(涙茸)の関連キーワード家屋敷家屋独立家屋不動産保険家屋台帳傍屋ハウスクリーニング被災家屋の被害認定長崎県五島市武家屋敷床板工事

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone