コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムナニ[山] ナムナニ

百科事典マイペディアの解説

ナムナニ[山]【ナムナニ】

中国,チベット自治区南西部,インド・ネパール国境近くの高山。標高7694m。漢字は納木那尼峰。インド・ネパールではグルラ・マンダータ山Gurla Mandhataと呼ばれている。世界で2番目に高い未踏峰であったが,1985年5月26日,日中合同登山隊(日本側は京都大学,同志社大学が合同)が初登頂。〈ナムナニ〉とは〈雪山の王〉を意味するチベット語。原音の発音表記と中国語,日本語の表記にやや矛盾が感じられるが,合同登山の際日中双方で協議し,このままと決定された。
→関連項目マーナサローワル[湖]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ナムナニ[山]の関連キーワードグルラ・マンダータ[山]

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android