コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラシンハ Narasiṃha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナラシンハ
Narasiṃha

ヌリシンハ Nṛsiṃhaともいう。ヒンドゥー教のビシュヌ神の化身の一つ。世界を支配していた悪魔ヒラニヤカシプを殺害するために現れたビシュヌ神の姿で,上半身はライオン,他は人間の姿であるという。漢訳では人獅子と訳される。「人にして獅子」を意味するサンスクリット語

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナラシンハの関連キーワードコナーラクの太陽神寺院ケーシャバ寺院ナラシンハ派パッラバ朝コナーラクスーリヤ寺ヌリシンハ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android