コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナラ枯れ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナラ枯れ

ナラ類やシイ・カシ類の木を枯らす感染症で、ナラ菌と呼ばれるカビの一種が原因。菌を持った甲虫・カシノナガキクイムシの(体長約5ミリ)が木に穴を開けて、内部に持ち込む。菌が繁殖すると水の通りが悪くなり、葉が赤褐色に変色して枯れる。 府内の被害が急増しており、昨年度は、被害量が初めて全国ワーストになった。

(2016-09-06 朝日新聞 朝刊 大阪市内・1地方)

ナラ枯れ

ナラミズナラといったナラ類などの広葉樹の幹に、カビの一種「ナラ菌」が入り、水の通りが悪くなって木が枯れる現象。菌がついたカシノナガキクイムシという体長数ミリの昆虫が幹に穴を開けて入り込むことで起こる。

(2016-10-13 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ナラ枯れの関連キーワード森林災害

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナラ枯れの関連情報