コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナリヒラダケ(業平竹) ナリヒラダケSemiarundinaria fastuosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナリヒラダケ(業平竹)
ナリヒラダケ
Semiarundinaria fastuosa

イネ科の大型のタケの1種。中国地方,九州,四国に自生するが,普通は観賞用として庭に植えられる。高さ 5mあまりになり,径 3.5cmぐらい。根茎は横に走り,ところどころにたけのこが出る。たけのこの皮は紫緑色で毛はなく,節に付着したまま開き脱落する。稈は紅緑色。枝が短く群生するので美しい。枝先はジグザグに伸びる。葉は小枝ごとに4~5枚つく。名前の由来は竹 (男竹) であるが笹 (女竹) のように1節から多くの枝を出すことから,在原業平に見立てたとも,姿がやさしいところからついたともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナリヒラダケ【ナリヒラダケ(業平竹) Semiarundinaria fastuosa (Mitf.) Makino】

イネ科の中型のタケ類(イラスト)。節ごとに出る枝の数はふつう3本。トウチクに似ているが,タケの皮に耳がなく,肩毛がほとんどないので区別される。稈(かん)の色は冬季,紅紫色となる。枝ぶりが美しく,タケの皮が稈から離れるのを惜しむかのようにぶら下がる。とりわけ枝を抱きかかえるような姿はいじらしく,庭に植えて愛用される。近畿では,この姿をたたえてダイミョウチク(大名竹)とよばれる。関東以南に広く観賞用に栽培され,中国,台湾にもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナリヒラダケ(業平竹)の関連キーワードタケ(竹)イネ科

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android