コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルコユリ(鳴子百合) ナルコユリPolygonatum falcatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルコユリ(鳴子百合)
ナルコユリ
Polygonatum falcatum

ユリ科の多年草。本州,四国,九州および朝鮮半島に分布し,山林や草原に生える。根茎は太く横に伏して分枝,節がある。茎は高さ 50~130cm,丸く無毛で十数枚の葉を互生する。葉は披針形,長さ8~20cm,幅1~2.5cm,下面は粉白を帯び,先は鋭くとがり,柄はほとんどない。5月頃,葉腋数個の花を下垂する。花は筒状で緑白色,長さ約 2cm,基部は少し柄状に細まり,柄との間に関節がある。花被は6枚あり,上端を除いて筒形に合着する。液果は球形で藍黒色,径7~10mm。種子は卵球形,長さ 3mm。陰干しした根を煎じたものは強壮剤として効果があるという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナルコユリ(鳴子百合)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android