ナルマダ離宮(読み)ナルマダリキュウ

デジタル大辞泉の解説

ナルマダ‐りきゅう【ナルマダ離宮】

Taman Narmada》インドネシア南部、ロンボク島西部にある宮殿。マタラムの東約10キロメートルに位置する。18世紀前半、バリ島のカランガスム王朝のチャクラヌガラ王の離宮として建造。リンジャニ山とその火口にあるスガラアナック湖に見立てた庭園がある。タマンナルマダ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android