コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナレッジキャピタル(KC)

1件 の用語解説(ナレッジキャピタル(KC)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ナレッジキャピタル(KC)

JR大阪駅北側のうめきた(梅田・北ヤード)の先行開発区域「グランフロント大阪」のビル内に設ける中核的な施設。「知的創造拠点」とも呼ばれ、企業や研究機関、大学、芸術家、消費者らが交流できるスペース先端技術の展示エリアなどを整備。コンベンション施設や多目的劇場も設置される。4棟の高層ビルで構成するグランフロントのうち、KCは真ん中の2棟の低層階部分(延べ約8万8200平方メートル)に入る。KCを運営するナレッジ・キャピタル・マネジメントは開発を担うオリックス不動産など12社が出資する。

(2012-04-10 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナレッジキャピタル(KC)の関連キーワード梅田呻き梅田北ヤード梅田北ヤード再開発なにわ筋線W杯スタジアムの大阪誘致構想大阪・梅田の再開発うめきた梅田治忠

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナレッジキャピタル(KC)の関連情報