コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロフォミンスク Naro-Fominsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナロフォミンスク
Naro-Fominsk

ロシア西部,モスクワ州の都市。モスクワの南西約 70kmにあり,オカ川支流ナラ川にのぞむ。 1926年村落が合併して市となり,綿工業中心地として繁栄したが,第2次世界大戦で完全に破壊された。その後復興し,現在は絹織物コンビナートの所在地として知られる。鉄道,ハイウェーでモスクワと連絡。人口5万 8800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android