コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンキンナナカマド(南京七竈) ナンキンナナカマドSorbus gracilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンキンナナカマド(南京七竈)
ナンキンナナカマド
Sorbus gracilis

バラ科の落葉低木。山地に生え,高さ 2mに達する。葉は3~4対の小葉から成る奇数羽状複葉で,托葉は大型でやや円形,小葉に似ている。初夏の頃,茎頂に散房花序をつくり多数の黄緑色の小花をつける。果実は直径 6mmほどの球形で,赤く熟する。ナナカマド同様,秋の紅葉が美しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android