コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンブコツブグモ Mysmenella jobi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンブコツブグモ
Mysmenella jobi

クモ綱クモ目コツブグモ科。体長は雌1~1.2mm,雄 1mm以下。現在名前がついている日本産クモ類のなかでは最小種。頭胸部は黒色で高く,腹部はほぼ球形で黒褐色地に茶色の斑紋と多数の白点がある。地面のくぼみに直径 2cmほどの小さい球状円網を張り,その中心に背を下にしてぶらさがっている。春から夏にかけて成体が出現し,直径 1mmほどの白色の卵嚢をつくる。 1967年にドイツで記載され,その後すぐ日本でも発見された。北海道から九州にかけて分布し,石垣の間や山道の両側の崖地によくみられる。 (→クモ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナンブコツブグモの関連キーワードクモ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android