ナーガパッタナ(読み)なーがぱったな

世界大百科事典内のナーガパッタナの言及

【ダンマパーラ】より

…生没年不詳。南インドの東南海岸地方にあるパッラバ朝領内のナーガパッタナNāgapaṭṭana(タンジョール近郊)で修行し,そこで《長老偈》《長老尼偈》など初期仏教経典の注釈を書き,さらに仏音の主著《清浄道論》の複注を残した。大乗唯識学派の護法(ダルマパーラ)とは別人である。…

※「ナーガパッタナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android