ナーシル・アッダウラ(読み)なーしるあっだうら

世界大百科事典内のナーシル・アッダウラの言及

【ハムダーン朝】より

…アラブのタグリブ族のハムダーン家が北メソポタミア(905‐991)とシリア北部(945‐1004)に建設したイスラム王朝。アブド・アッラーフ‘Abd Allāh(在位905‐929)がモースル総督に任命されたのに始まり,その息子ナーシル・アッダウラNāṣir al‐Dawla(在位929‐969)は大アミール(在任942‐943)としてアッバース朝の政界にも介入したが,979年,ブワイフ朝によって征服され,以後はその保護下に立ち,991年にウカイル朝マルワーン朝によって分割され滅びた。一方,ナーシル・アッダウラの弟サイフ・アッダウラSayf al‐Dawla(在位944‐967)はアレッポに拠ってシリアのハムダーン朝を開き,よくビザンティン帝国に対抗し,文人・学者を保護した。…

※「ナーシル・アッダウラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android