コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナードソン Semyon Yakovlevich Nadson

世界大百科事典 第2版の解説

ナードソン【Semyon Yakovlevich Nadson】

1862‐87
ロシアの詩人。ペテルブルグのユダヤ人の官吏の家に生まれ,両親に早く死に別れ,士官学校へ進んで軍人になるが,肺結核を病んで1884年退職,療養。16歳のころから詩を書き,85年に出した処女詩集でプーシキン賞を受ける。彼の抒情詩モティーフは,青春の懐疑,絶望,反逆といった分裂した内部のドラマの表白であり,レールモントフ,N.A.ネクラーソフを受け継ぐ心やさしい,歌うような調子をもち,曲をつけてひろく歌われたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナードソンの関連キーワードメレシコフスキー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android