コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナードソン Semyon Yakovlevich Nadson

世界大百科事典 第2版の解説

ナードソン【Semyon Yakovlevich Nadson】

1862‐87
ロシアの詩人。ペテルブルグのユダヤ人の官吏の家に生まれ,両親に早く死に別れ,士官学校へ進んで軍人になるが,肺結核を病んで1884年退職,療養。16歳のころから詩を書き,85年に出した処女詩集でプーシキン賞を受ける。彼の抒情詩モティーフは,青春の懐疑,絶望,反逆といった分裂した内部のドラマの表白であり,レールモントフ,N.A.ネクラーソフを受け継ぐ心やさしい,歌うような調子をもち,曲をつけてひろく歌われたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナードソンの関連キーワードメレシコフスキー

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android