コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナードソン Semyon Yakovlevich Nadson

1件 の用語解説(ナードソンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナードソン【Semyon Yakovlevich Nadson】

1862‐87
ロシアの詩人。ペテルブルグユダヤ人の官吏の家に生まれ,両親に早く死に別れ士官学校へ進んで軍人になるが,肺結核を病んで1884年退職,療養。16歳のころから詩を書き,85年に出した処女詩集でプーシキン賞を受ける。彼の抒情詩モティーフは,青春の懐疑,絶望,反逆といった分裂した内部のドラマの表白であり,レールモントフ,N.A.ネクラーソフを受け継ぐ心やさしい,歌うような調子をもち,曲をつけてひろく歌われたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナードソンの関連キーワードケッペンペテルブルグイリ条約ペトログラードПетербургПетроград芸術広場サンクトペテルブルグ要塞ペテルスブルクペテルブルグから来た男

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone