コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーラーヤナ・グル Nārāyaṇa Guru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーラーヤナ・グル
Nārāyaṇa Guru

[生]1854. チェンバランディ
[没]1928
インドの宗教家,社会改革運動の指導者。不可触民イーラワー・カーストの家に生れ,1884年出家。 34歳のとき,自分だけの解脱を求めることを無意味と考え,下層の人々の宗教的・社会的救済に乗出し,1903年シュリー・ナーラーヤナ法普及協会 S.N.D.P.Yogamを設立。シャンカラの不二一元論哲学に立脚し,「人類には,1つのカースト,1つの宗教,1つの神」をスローガンに,カースト制度に対する批判運動を展開した。主著に『カースト考』 Jati-mimamsa,『哲学の華鬘 (けまん) 』 Darsanamalaなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナーラーヤナ・グルの関連キーワードS.N.D.P.Yogam

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android