ニア洞窟(読み)ニアどうくつ(英語表記)Niah

世界大百科事典 第2版の解説

ニアどうくつ【ニア洞窟 Niah】

マレーシア,ボルネオのサラワク州北部の洞窟遺跡。1957年以来,サラワク博物館のT.ハリソンらが調査を行った。石灰岩の小山に大洞窟といくつかの小洞窟があり,大洞窟は26エーカーに及ぶ大広間をもっている。ここからは旧石器時代以降,13世紀ころまでの文化層が発見され,層序的に良好な遺跡の少ない東南アジアの先史時代を探る,きわめて重要な遺跡であるが,正式の調査報告は未刊。 最下層の遺物は旧石器時代の中期とされ,パキスタンの中期ソアン文化と対比される剝片である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android