コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニア洞窟 ニアどうくつNiah

世界大百科事典 第2版の解説

ニアどうくつ【ニア洞窟 Niah】

マレーシア,ボルネオのサラワク州北部の洞窟遺跡。1957年以来,サラワク博物館のT.ハリソンらが調査を行った。石灰岩の小山に大洞窟といくつかの小洞窟があり,大洞窟は26エーカーに及ぶ大広間をもっている。ここからは旧石器時代以降,13世紀ころまでの文化層が発見され,層序的に良好な遺跡の少ない東南アジアの先史時代を探る,きわめて重要な遺跡であるが,正式の調査報告は未刊。 最下層の遺物は旧石器時代の中期とされ,パキスタンの中期ソアン文化と対比される剝片である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android